luckystrikeyokoの人生はぼちぼち

モータースポーツ好き・旅行したり写真撮ったり・ドイツ暮らし

ドイツでキャッシュレス生活の難しさよ、の巻

キャッシュレス支払いの話

1~2年ほど前に、SparkasseがEC支払い(デビッドカード)、クレジットカード、各種引き落としの度に少額の手数料を取るようになった。それまでは一定額の入金があれば手数料無料のプランだった。それが制度変更により、毎月一定額の手数料を支払うプランか上記のプランに。これが意外とバカにできず、車のローンやスーパーの支払い、引き落としで普通に8ユーロくらいいく。あれ、一定額払うより高くない?と気づく俺。

2020年はそんなこと気にしない気楽なキャッシュレス生活がしたいな、ということで去年の年末頃に維持手数料が不要なオンラインの銀行口座をもう一つ開設。少額だろうとなんだろうととにかくカードで支払い。いやぁもう、楽ったらありゃしない。少額なら(€20以下かな?)PINコードの入力も不要(少額でもサインが必要なケースはある、おそらく無人レジ)。

 

ドイツはお金の扱いに関してはけっこう保守的で、SUICAを開発した日本、QRコードを開発した中国の方が余程進んでいると思う。GooglePay/ApplePay辺りでキャッシュレスが加速するかと思ったけどそうでもない。わたしゃとにかくSuica的なモノが欲しい。昨今のウイルス騒ぎで、万人が触っている硬貨・紙幣を扱わない用にキャッシュレスがようやく進むんではないか?と願っているが、スーパーのレジを見ていると相変わらず現金で支払っている人が多数派のように見える。最近とあるスーパーで「キャッシュレス支払いにご協力ください」というのを見たくらいかな。さてどうなることやら。

ちなみに最近の銀行のサービスにあるのが、ドラッグストアのdmやスーパーでもお金が下ろせるというもの。これはATMを探さなくていい便利さ。実は私のSparkasseはFrankfurt管轄で、郊外に引っ越してからはまた別のSparkasse管轄になっており、厳密には別の機関なのだ。たかがちょっと隣町に引っ越しただけでそんな…である。まぁ店舗に行くことはおそらくもうないので、実害はないのだが、微妙にイヤだ。というわけで、オンラインの銀行口座をメインにして以来、私はスーパーかdmで下ろしている。本当はシンプルにカードだけ所持する身軽さにしたいのだけれども、カード支払いができない場合のケース(機械故障)もあるのでなんだかんだある程度の現金を財布に入れている。

とりあえず、これが私なりの妥協案。もっとGooglePayやApplePayが普及したら保持するのは携帯とカードだけにしたいくらい。

 

 

んが、そこは保守的なドイツ。

簡単にはいきそうもない。現金といっても、紙幣というより、どうしても小銭が必要!というケースがよくある。主なケースは以下の通り。

 

少額支払いでカード支払いの抵抗

これはもう私の気持ちの問題…2ユーロ程度のパンを買うのにカードで支払うのがなんだかまだ抵抗がある。カード支払いの端末はあるんですよ。これも、いずれなくなるかな。

ホームレスや路上パフォーマーへの投げ銭

頻繁にはあげないんですが、道端のホームレスや路上パフォーマーにあげるときに小銭がなくて困ることがある。

中国のようにQRコードを持っているような高度な人たちではないので、このあたりはううむ、というところ。逆に「小銭ない?」ってお金をせびられるときに「キャッシュレスなんで」と即断れる。あ、これはキャッシュ生活でも適当に言えばいいのか…。

こういう小銭は、あげたあげなかったって証拠がないから、こういう社会でホームレスや路上パフォーマーの人たちが小銭を稼いで少しでも生活できるためのセーフティネットでもあると思うのよね。(ホームレスが発生している社会的背景は置いておいて。)

路上駐車券

だいたいECカード支払いができるけれども、たまにやはり現金のみ、小銭が必要と出くわすケースがある。例えば路上パーキング。機械で€1~2を時間に応じて払って紙をダッシュボードに置いておく。これもECカードで支払いできる所もあれば、故障している場合も多々。先日は駐車チケットをカード支払いしようとしたら「通信できません」というエラーが出て小銭で支払った(´・ω・) あぁ…。というわけで車には常に50セント、1ユーロ、2ユーロを常備している。

ちなみに最近は路上駐車アプリが浸透してきたけれど、先日とある都市で路上駐車してEasyParkアプリで支払ったら「Easyparkという紙を車のダッシュボードに置いてね」という但し書きがあった。それ…意味あんの?むしろ紙とペンがないわ!( ・ω・`)とこれにはさすがに呆れてしまった。こういうマニュアルさ・物理的な何かが必要なところは、あぁドイツ…と呆れてしまうところです。

駅のトイレ、観光先でのちょっとした小銭ゲート

大きな駅のトイレはだいたい有料。ゲートがあって1ユーロ入れたら、駅で使える50セントの割引券が戻ってくるアレ。GooglePayなんか対応させておいて「ピッ」とスムーズに入れないもんかね。。

よく行くハイキングの頂上に塔があり、その入り口ゲートが無人で50セントなんですよね。ただキャッシュレスを整えるには電気が必要なので、ハイキングの場合はしゃーない、とあきらめるのみです。電気という便利さのインフラを整えるか、小銭がないときは仕方がないと割り切るかは、TPOと需要供給のバランスですな。

アパートの共用洗濯機

これ、一番困っている。私は部屋の大きさの都合でどうしても洗濯機を置けない為、地下にある共用洗濯機を使っている。前に住んでいたアパートでも同じだったので仕方ないと割り切っているけれど、共用なのでお金がかかる。一回€2.5。(メニュー関係なし。ちなみに前のアパートでは時間単価だったのでこれはアパートによる。)なので、小銭ができると、優先的に洗濯機用に取っておく、という状況である。以前は現金支払いをしていた為ちょこちょこと小銭を持っていたのだが、昨今のキャッシュレス支払いにより小銭を持つ機会がどーんと減った。こればっかりは仕方がないので、たまに現金支払いをしてなんとか作るしかない。

 

 

データを見てみよう

ちょっとデータを見てみた。日本でもキャッシュレス支払いは2016年時点で20%程度なのね。30%くらい行ってるかと思ったけど、日本もまだ現金社会なんだな。

https://www.soumu.go.jp/main_content/000506129.pdf

ドイツではどうだろう?とみたところ、2017年で総支払額に対して47%、総トランザクション数に対して74%が現金なので、キャッシュレス支払いは日本より多いくらいかな?これはたぶんデビッドカード(ECカード支払い)が一般化しているせいじゃないかと思う。

https://www.bundesbank.de/resource/blob/737278/458ccd8a8367fe8b36bbfb501b5404c9/mL/payment-behaviour-in-germany-in-2017-data.pdf

 

下記資料の15ページを見ると、日本もドイツも先進国の中では遅れている部類に入る。似たもの同士か…。

https://www.paymentsjapan.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/04/Cashless_Roadmap_2019.pdf

 

いちユーザとしてみると、ドイツは少額支払いを小銭現金で支払うケースが多いと感じる。日本ではコインロッカーや自動販売機ですらSUICAで電子支払いができるので、SUICAカードやクレジットカードを出すことはあれど、現金自体を持ちだす機会は少なかった気がする。

 

ドイツでいつか完全キャッシュレスで生活できる日は来るのだろうか…。

 

 

追記

昨今の事情により、だいたいのお店では「接触をさける為、現金ではなくカード支払いにご協力ください」という看板を見るようになった。店頭支払いはカード支払いが増えることでしょう。でも私が気になるのは少額支払いのケースで現金、特に小銭が必要なケースなので、これを機にどこかのFintechスタートアップが盛り上がったりしないだろうか?とちょっと願ってる私です。

 

eod

次の目標を決めた(2020年)

 ちょうど一年前にこんなことを書いた。

luckystrikeyoko.hatenablog.com

彼氏もいるし車も買ったし独り暮らしも十分満喫してるし十分幸せ。さて次何しようかな~という状態を書いた記事。転職も考えたけど、1年も経たずに転職するのは、あまりよく見られないということを今の仕事を紹介してくれたエージェントに言われたのと他にも理由があり思い留まっている。でも、脱力という名のストレスが半端なく、ちょっとこのままいくと危ないなということで転職活動再開することにした。

何はともあれ、新しい仕事が見つかろうがどうだろうが、上の記事を書いてから何かやったかといえば特にない。通信大学も辞めたし。2019年やったことといえば、ドイツ語B2のオンラインコースを開始して、いま3か月経過したところ。あとハイキング行ったり定期的に家で筋トレするようになって、健康に気を遣うようになった。

 

そんなところでぼちぼちと将来について考え始めたのですが、次の目標、見つけました。それは、ドイツ(欧州?)でアパートメントもしくは家を買うこと。そのためにお金を貯める。リタイア後はそこに彼氏と2人で住めるくらいの大きさ。途中子供が大きくなったら自分たちは一時他の家に住み、その間は賃貸に出してもいい。

 

何しろ私は21歳からずっと独り暮らし。ドイツに来て一時期シェアルームに住んだのも含め、ずっと賃料を払っている。しかも日本で一人暮らししてたのはずっと首都圏だし高かった。実家暮らしや早くに結婚して誰かと同居している人たちと比べると、余裕度が違う、というかなさすぎる。このまま継続して毎月賃貸に払って、30年後に手元に何もないなんて辛すぎる。リタイア後に働けないのに賃貸にお金払ってる生活なんて想像できない。

これについては彼氏とは全く話していないけれど、概ね反対はしないと思う。彼もドイツ来てからずっと独り暮らしだし、一人暮らしのデメリットは体感しているはず。将来リタイアしたらスペインか南欧州に住みたいという案もあるので、その時には売る(価値が上がっていることを祈る)か、アーリーリタイア時にはドイツ以外の国で買うかもしれない。

 

具体的な目標は40歳までに頭金、諸費用を払える額+αを貯めること。部屋の大きさの目標は100qm以上、最低3部屋、BBQができるバルコニー付きで日差しが入る明るい部屋、テーブルがおける広いキッチン、お風呂は窓があって換気できること。うーんなかなか理想的な部屋だ。でも高そうだな。しかし、達成すべく頑張るのだ。特に目標なくお金貯めるよりもこういう具体的な目標があるほうが、仕事で頑張れるし無駄使いも減りそう。最終的な目標はアーリーリタイアですがね。まずは家の不安を失くすことから。

  

eod

【写真日記】ハルツ地方でハイキング旅(その③)

ハルツ地方でハイキング旅、最終日です。

luckystrikeyoko.hatenablog.com 

luckystrikeyoko.hatenablog.com

今日は宿の近くから湖へ向かい戻ってくるコース。まずは開始地点のこんなキレイな場所へ。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221845j:plain

ここの下には鍾乳洞があり、戻ってくる頃には並んでおりましたよ。夏にハルツ地方に来られた際にはちょっと訪れてみると、涼しくていいでしょうね。

 

さてさてハイキング開始。さすがに2日間も歩いていると筋肉痛とその蓄積が辛いので、ここまで上がってくる時点でけっこう辛かった。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221822j:plain

ハイキングというよりはトレッキングか散歩というべきか。この日はこの上の写真以外はほぼ平坦な道のりなので筋肉痛の身にはありがたい。

f:id:luckystrikeyoko:20191225225630j:plain

中間地点の目的地、Überleitungssperre Königshütteという場所へ到着。いやー素晴らしい眺め。空の青さがさらに映える!ここまで車で来て湖の周囲を歩くだけでもよさそう。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221908j:plain

この日は晴天に恵まれて、どこでも緑と空が映える。午前中はちょっと曇って、さらに途中道に迷って変な森の中の道をプチサバイバルしてなんとか普通の道に戻って、最後はひたすらまっすぐな道を歩いていく。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221936j:plain

大分脚が疲れて、宿に戻りチェックアウト。本当は4日間の予定だったけど、これで休んでもいいけど明日運転して帰ってその翌日仕事って辛いなぁ、だったらさっさと帰って1日まるっと休みたい、と思って家に帰ることに。ホテルでなく部屋借りタイプだったし部屋代も安いので一泊削っても気にしない。

往路と違う経路で、気になっていたこのつり橋へ。

f:id:luckystrikeyoko:20191225222002j:plain

こんな…高所恐怖症の私には無理。高さ458mだそうです。2017年に工事終了なので結構新しいのね。入場料もかかるし、どこのあほが行くねん、と思ったらけっこう継続的に人が入っていく。すごいな…。駐車場も車がいっぱいだし、周辺でも車がありとあらゆる場所へ駐車している。私もなんとか駐車場を見つけて写真だけ撮ってビビって、終了(ちーん)。。。

www.titan-rt.de

帰り道のB81~A38もなかなかよい道でした。B81は森の中で緑に囲まれた、くねくねしている道を車で走るのはいいもんです。途中でちょこちょこと町があるのでそこで給油したり休憩して、アウトバーンまで戻ればあとはひたすら走るのみ。ハルツ地方はどこもいいですね。今度は冬の積雪の時期に来て雪山ハイキングしたいもんです。

 

eod

【写真日記】ハルツ地方でハイキング旅(その②)

その①の続き。 

luckystrikeyoko.hatenablog.com

翌日はメインの目的、ブロッケン山へ。ドイツには南側にアルプスがあれど、そこは遠い。なので北ドイツで一番高い山であるブロッケン山なら車でいけるやん!てことで行くことにしたのであります。

行程は、Drei Annen-Hohne駅へから山頂へ。山頂から戻りはブロッケン山といえば、の蒸気機関車で下るというもの。この駅の近くには無料駐車場があり、午後戻ってくる頃にはそこそこ埋まってたので、午前中には到着するように行くのがいいかも。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221505j:plain

Drei Annen-Hohne 近くの登山道開始点

f:id:luckystrikeyoko:20191225225531j:plain

このコースはしっかり道案内あり

 

トータルで11kmくらい、高低差は550mから1100mまで。普段よく行っているタウヌス山が870mなのでちょっと高いですね。頂上から見える景色のスケールが違います。ブロッケン山は周囲が開けていて180度くらいのパノラマで見えます。さらに山の中にある周辺の町の景色が(赤い屋根達)キレイです(ただ裾広がりな感じの山なので近辺の町はタウヌスより遠く見えます)。途中は写真なし、黙々と歩きました。

頂上に近づくにつれ、ランナー達がめっちゃ走りながら下ってくる。なんとこの日はトレイルランの開催日だったようで、頂上へ向かって人が登り、そして反対方向へまた下っていくという雄姿を横目に見ながら私は食堂(レストランとは言い難い)へ。前日の快晴とはうってかわって肌寒いので、温かいものを食べて休憩しました。ランナーの方々、お疲れ!

f:id:luckystrikeyoko:20191225221519j:plain

トレイルランの参加者達

f:id:luckystrikeyoko:20191225221536j:plain

頂上

休憩して一息ついたところで、蒸気機関車で下山します。黒いのがよかったけれど、生憎黒い蒸気機関車は毎回走っているわけではないみたい。寒いし、次の1時間まで待ちたくなかったしちょっと次の駅まで降りるのも微妙だったので諦めて乗る私。スケジュール確認して行こうね。。Google mapで写真見ると蒸気機関車の写真ばかり。今回は秋の時期だけど、次は積雪の季節にいってみたいわぁ。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221549j:plain

ボケてるけど、黒い蒸気機関車。途中で1線路しかない箇所がある為に通り過ぎるのを待ちます。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221604j:plain

 

麓に戻って筋肉痛をほぐして、3日目に備えます。

 

eod

【写真日記】ハルツ地方でハイキング旅(その①)

オランダ旅行記書いたけど、その前にハイキングに行ってたのを書くのを忘れてました。9月頭に週末合わせて4日間の休暇でハイキング行きまくろうという旅でした。北ドイツで一番高いブロッケン山があるハルツ地方で3日間ハイキングに行ったのです。これもまた車で一人旅。

 

車で片道3時間ほど、アウトバーンを降りてからのB27は素晴らしい景色のドライブ道でした。特に行きは晴天にめぐまれ、3時間の道もなんのその、めっちゃ気分が良かった。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221356j:plain

途中休憩したOderstausee

 

まずはBraunlageというブロッケン山の麓町へ。夏であればもっとハイキング客でにぎわってるんだろうな、というドイツらしい小さなリゾート町という印象。(車で通りすぎたので写真がない)リフトに乗り、途中下車。そこから頂上を目指します。9月でもそこそこ客はいましたが、だいたいシニア層。夏は夏休みシーズンの子供たちを連れたファミリー層が多いだろうから、シングルな私は毎回こうやって時期を外し、少ない観光客に交じってマイペースに旅するのであります。ちなみに自転車を乗せるゴンドラもあるので、マウンテンバイク客も3割ほどいた。コースもちょこちょこと整備されていたので、マウンテンバイクで遊ぶのも楽しいだろうなぁ。夏はハイキング&マンテンバイク客、冬はスキー客と、年間通して客に困ってないんだろうな。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221450j:plain

Wurmberg Gondola Lift

f:id:luckystrikeyoko:20191225221434j:plain

f:id:luckystrikeyoko:20191225221418j:plain

頂上から隣山を拝む

f:id:luckystrikeyoko:20191225225453j:plain

頂上の湖

素晴らしい天気に恵まれ、ドライブもハイキングも最高でした。その後宿にチェックインし、魔女祭りで有名なWernigerodeへ。車だと自由にどこでも小さな地域や電車・バスの乗り換え時間など気にせず動けるのでほんとに便利だわ。特に山は電車がないし、ハイキングの場合は時間が読めないので、バスの時間調整も厳しい。それを車だとスイスイ気軽に移動できるのが良いところ。ただハイキングで脚が疲れているのに加えてさらに自分で運転しなきゃいけないので、体力の調整が重要。(この旅の帰路の後半ちょっと辛かった)

f:id:luckystrikeyoko:20191225221723j:plain

Wernigerode城

ドイツあるある、お城が修理中~!しかしそれでも、ころころ変わる山の天気と夕方の暗くなる時間帯の中訪れたWernigerode城は、ますます中世的な雰囲気を醸し出していて圧巻。ドイツのゴツゴツしたお城見飽きたな~という状態な私でも、これはうなった。場所柄、山の中だし、周囲にはモダンな建物がないということもあり、町全体的含めて中世の雰囲気が出ているのもあるかもしれない。建物自体は修復と改築、そして30年戦争で破壊されてまた修復を繰り返してるらしく、かつデザインも最初はゴシック式でその後ルネッサンス式の改築そして30年戦争後の修復にはバロック式。(参考リンク)建築詳しくないので、どれがどうなのかよくわかりません…。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221738j:plain

お城を降りて街中へ。どこもかしこもキレイな木組みの家だらけ。

f:id:luckystrikeyoko:20191225232944j:plain

ほぉ~これはすごい。どこを歩いても絵になる。でも!ハイキングで歩き疲れていてあまり写真がない!スイマセン。というわけで一枚、市庁舎の写真をば。このこじんまり感、結構好きです。ここでクリスマスマーケットとか魔女祭りやったら、そりゃ町全体が素敵な中世の雰囲気になってますます素敵だろうな~と納得する私。

f:id:luckystrikeyoko:20191225221803j:plain


魔女祭りが行われている4月には、もっとすごい雰囲気になるだろうなぁと想像してみる。ちょっと魔女祭りに行きたくなったぞ!

eod