luckystrikeyokoの人生はぼちぼち

モータースポーツ好き・旅行したり写真撮ったり・ドイツ暮らし

やる気は湧いてるのか

 転職して3月末で半年経ちます。ちょいとグダグダと書いてみる。

luckystrikeyoko.hatenablog.com

ある時期、会社にいくのがイヤで仕方なかった。理由はやる気ない同僚で、仕事の要領が悪いし、一つのトラブルシュートすらのんべんくらりと他部門とping-pongを繰り返し全く進まない。たかがPCの入れ替えすらスケジューリングできず「ユーザが捕まらない」と言い訳。典型的な仕事できない人のテンプレートをいくらでも重ね貼りできる人です。

luckystrikeyoko.hatenablog.com

同じ島とチームにいる同僚の仕事っぷりとかやる気って、知らずと気にしちゃうんですよね。なるべくチームとして仕事したいし、自分だけ頑張って彼はのらりくらり、とか、バカバカしくなってしまう。さらに、彼はミスするくせに知らないふりして、私がしれっと直したりすることも日常茶飯事になりつつあります。そういうのが続くと、ほんっとーに疲れるしバカの一つでも言いたくなる…私は大人には程遠い。

 

んが、あるとき、私は腹を決めました。彼と仕事するとか、なんとか仕事してもらうとか試行錯誤するのはやめようと。私は私の仕事をする。彼の仕事の進捗など知らない。私は彼の上司でもなければSupervisorでもない。ポジションは同じなのだ。私の仕事は与えられた仕事をなるべく少ないコストと短期間でこなし、この会社のこりゃおかしいなという箇所があれば提案と改善し、同僚達を助け効率よく働いてもらい稼いでもらうこと。そんでいい評価もらって給料あげればいいのだ。稼がないバックオフィス部門のやる気ない社員のことなんぞどーでもいい。

 

ちょうど一か月前にイギリス人上司がうちのオフィスにやってきました。仕事があったのと私とプロジェクトの話をする為。そこで聞いちゃったのです。「私の給料は彼と同じなのか?」と。彼の方が入社は早いし年上だとしても、同じポジションでこの仕事量と質の差はないだろう、同じなら賃上げを要求する心づもりでした。

 

上司の答えは、No。「実は君の方が高いんだ。」

 

彼と同じ給料では同程度のスキルの人間しかこないだろうということで給与レベルを上げ、ジョブディスクリプションもちゃんとシステム管理ができる人として募集したということらしい。

 

これを聞いてから、益々スッキリして彼のことが気にならなくなった。そうか私の方がいい給料をもらっているのか。ならば仕方ない。実際いくらかけ離れているのか知らないけど、彼の性格とパフォーマンスからして年次の給料も大して上がってきてないはずだし、ポジション的にもある程度相場は読める。自分より低い給料の人が低いパフォーマンスなら仕方ない。給料あげたいならある程度は上の言うこととか求めることに対して結果を出さなきゃなのに、それをやらずグダグダしてる文句言ってるのが同僚なのだ。

 

そんなこんなで、4月から新年度というのもあり、かつ私のパフォーマンスがよかったので、給料を今よりもちっと上げてくれるとのこと。もしや給料のこと聞いたのがちょっと効いたのか?どうかはわからんが、思い切って言ってみるもんだ。ちなみに、これで前職より日本円で年収100万ほど上がる。前職が業界平均より低かったのもあるが、100万上がる転職なら基本的に成功と言える。いろいろ問題はあるけれど、ある程度自分の好きなようにやらせてもらえるし、前職よりは学べることがあるので、結果的に転職してよかったなーと思う。*もちろん半分は税金行きですヨ (TT)

 

まぁそれでも、みつお、人間だもの、たまにイラッとすることが(今日も)起こるけど、仕方ないわね、反抗期の中坊だもんね、という仏のような心で放置するのみである。ある意味、これも修行?こういう同僚に将来出くわしたときのロールプレイにでもしてみようか。

 

そんなこんなで、相変わらずモチベーションは上がったり下がったりですが、まぁ悪くないです。

 

日曜日から試用期間後初の長めの休暇をもらってシアトルとバンクーバーに遊びに行きます。それだけが、今のモチベーション。やっと休みだー!

 

eod

高専卒でEUブルーカード申請できるか?の巻

さてドイツで納税して5年になるので無期限滞在許可を申請できるんですが、ふと友人から「ブルーカード取らないの?」と聞かれたので確かにもっておけば悪いことはないな、と思い外国人局で聞いてみた。

実は今週は風邪でまるっと病欠してます。週末プールにいったのがアカンかった…。医者に行き仕事できません紙をもらい金曜日までゆっくり。今日はまだ喉がガラガラするし痰もでるけどタブレット舐めればいいし体調も胃が万全とはいかないまでもまぁ回復。

ずっと家にいてもしゃーないし、おかゆしか食べてないから食料調達せねばだし、仕事できません紙をKrankenkasseに出さなあかんし(郵送もいいけど車でちょっと行って専用ポストに出すだけ)、ついでにその近所にある外国人局を訪問し聞いてみたのであります。「聞いてみた」ってサラッと書いてるけど、これは郊外住みであるが故にできること。着いて担当者の部屋をノックして1人待ってすぐ相談できるこの軽快さ、なにこれ郊外って最高かよ…。フランクフルトなら無理やったわ。(でも郊外の外国人局でダメな担当にあたった、みたいなことも聞くので、どこの街でも担当者は運次第の模様・・・(;^ω^))

 

結果からいうとダメでした。なぜなら高専卒だから。anabinという各国の大学・Instituteがドイツでどの学業レベルに当たるのかをまとめたデータベースに拠ると、高専や短大卒はH-。4大卒はH+。担当者曰く、ブルーカード申請にはHochschule相当のH+かA4が必要ですと。

 

https://www.bmi.bund.de/SharedDocs/downloads/DE/veroeffentlichungen/themen/migration/hochqualifiziertenrichtlinie.pdf

Ist die Institution mit H- bewertet, handelt es sich nicht um eine anerkannte Hoch-
schule. An diesen Institutionen können keine in Deutschland anerkennbaren Hoch-
schulabschlüsse erworben werden. Die im Sinne von § 19a AufenthG geforderte Vo-
raussetzung bezüglich des Abschlusses ist nicht erfüllt.

ちなみにA4ってのは初耳。上記PDFには書いてないしなんじゃこりゃ、と思ったが、下記には書いてあるのでオーストリアのシステムなのか?(でもStudiumって言ってたしな、よくわからん)

http://www.arbeitslosennetz.org/arbeitslosigkeit/download/bmas/Erlass%2520BMASK-435.006_0014-VI_AMR_7_2011.pdf

 

高専行ったことは全然後悔してないし(高校+大学よりかなり安く且つ早く就職できるコスパの良さ、寮がある、変な人がいっぱいで楽だった)、むしろ行かなかったら、高専後のあれやこれやの流れで私が今ドイツにいるとも思えない。とはいえいまさら4大卒を取る気はないので、自分のいま持ってるもので得られるものを取りにいこう。 

というわけであとは必要な書類揃えてドイツの無期限滞在許可を申請しようっと。ちなみに担当者のおじさんは話が早いだけではなく優しくて、必要な社会保険関連の(要は年金支払い証明書)ドキュメント名を書いてくれた。あれ、Orientierungkursは?て聞いたら君は母国で高等教育受けてるからいらないよ、とのこと。あれ、前回聞いたとき(下記リンク)と違うやんけ…まぁ受けなくていいなら良し!それに越したことはない。

 

luckystrikeyoko.hatenablog.com

 

eod

2018年振り返り

大晦日のtwitterで紅白歌合戦のTL実況中継を見ながら、本を読んだり、シーツの洗濯が終わるのを待っている、最中に書くのであります。

 

えーと今年のイベントと言えばやはり転職と引っ越しと車購入ですね。前半と後半では生活形態がけっこう変わったもんです。前半のゆるゆる加減に追い打ちをかけるように、夏以降の後半はやたらと慌ただしかった。

11月には彼とすれ違いが起こりあわやお別れか…となるところでしたが、お話して仲直りしました。めでたし。11月後半はドイツ来てから一番辛い時期だった。如何せん生まれ育った国が違うもんで、カルチャーショックとはこういうことか、と実体験。これからまだまだ彼の知らないことを知りそうだし、私のことも知ってもらい、お互いのhalfwayを見つけるのに時間をかけたいですな。

 

そして今年は通信大学やるぞ!と意気込みを書いたにも関わらず大学のメディアスクーリングが始まったのは秋から。地味だけど平日とか週末に受けて本読んだりレポート書いたり、これはなかなか面白かった(今もまだ残ってる)。そして自分がどんだけ深みのない理解度で物事を見てるかよくわかった。優秀な人のレポートを参考レポートとしてみれたのですが、いやぁみなさんすごいな、わたしゃかなり表面的だわ、とひよる。もっと本読んだりレポートに時間かけろって話なんですが。。

しかしなんとか勉強しても海外在住の身に辛いのは試験。なぜオンラインコースなのにオンサイト試験に行かねばならぬのか。わかっちゃいたけどやっぱり辛い。簿記とか統計学やりたいけどオンサイト試験なのが辛い。海外在住で通信教育続けてる人はほんとすごいと尊敬する。

というわけで通信大学を続けるかどうかちょっと考え中。ただ、このコツコツと続ける感じはなかなかよいし、勉強するのは改めて面白い。これは大学申し込んで実際やってみてわかったよい点。なんか日本語じゃなくてもいい気がしてきた。とにかくオンラインだけで気楽に受けれて終わるやつがいい。でないと続かない。

 

旅行はあまり思い出がない…ただのToDo的に日本に行って、あとはオランダとヘルシンキに友人達と旅行。一人旅に飽きてたしとても新鮮だった。レストランで一人じゃないし、買い物も誰かときゃあきゃあしたり、楽しい。ドイツ内はちょこちょこと。市街地旅行ばかりだったのでもう少し自然に触れるアウトドア的な旅行がしたいのう。車もあるし、ドイツ内のハイキング&散歩コースを探してみようかな。

 

ドイツに来て6年目。暮らしも落ち着いて、外国にちょいとお邪魔してますよ的な立ち位置から脱したかな。生活に必要なことはほぼドイツ語で済ませている。完全に理解できていないけれど、ドイツ語で暮らしていけるんですよ、というレベルにはなったかな。もう少しローカルに根付いて行きたいなという気持ちもむくむく。でも地域に根付くって、なんだろう?(汗)私の性格上、日本にいてもたいてい引きこもってたし友人は数少ないから、この辺はあまり変わらない気がしている。職場ではあまり喋らないから、とりあえずもう少しタンデム増やしてドイツ語喋る時間増やそうかなというところ。

 

超が付く程の健康体が自慢で病欠もなかなかしないのですが、ドライアイ疑惑&春には白樺の花粉症というマイナーな不具合も出てきました。来年も大きな怪我やトラブルなく健やかに楽しく幸せにすごしたいもんです。

皆様も健やかに。

 

eod

やる気ない同僚と、モチベーションの保ち方

転職した後の現在の話です。

luckystrikeyoko.hatenablog.com 

基本的に残業はしない&するほどの仕事量でもないので、毎日17時に仕事を終え18時までに帰宅し、ご飯を食べてお風呂に入って、通教のメディアスクーリングをヒトコマ受けて…という日々を過ごしています。めちゃシンプル。引っ越した部屋はフランクフルト郊外だし飲みに行くこともない。帰ってから出かけるのもちょっと面倒くさいというのもある。会社に日本人はいるけど、皆さんも私も車なので家に帰ってどこかに集合して…ということもない。つまらないといえば、つまらない生活を過ごしています。

 

さて本題です。チームの同僚がやる気がないんです。私のようなITの役割の仕事だと、まず人のサポート役に回るというのがひとつの重要な責務です。だって社員はITを使うしトラブルがあればIT部門に聞きますよね。それを彼は放置する。人が困っててもおかまいなし。自分の知らないことは何もできない、自分のせいじゃないと言い、スキルが足りなくて解決できないことも何もできないと放置。わからんので別オフィスのITに聞けと丸投げ。そしてドイツ語でSワード(英語でいうFワード)を吐きます。「Sxxxx Windows!」とかね。他オフィスのチームメンバーもほかの部署の同僚も皆、長い付き合いなのでいいヤツなんだけどね…とフォローしつつも彼のパフォーマンスに不満を持っています。

そのおかげか、私が日本でフツーレベル、いやフツー以下ともいえる軽いサポートをやるだけで「ありがとう!」とかなり感激されるレベル。これはこれである意味有難いけれど、でもちょっと違和感がある。あとこれでサポート役がすべて私に回ってくるのも困る。

彼のようなドイツ人、います。(もちろん、人種・国籍に限らずいますけどね。)そして何かを変えようとするととにかく嫌がる。変えたくない、新しいもの嫌い、今動いてるんだからそのままでいいじゃないか、というreluctant(→意味)、unwilling(→意味)な人。彼はその超~がつく典型。その場しのぎのことだけやって深いことを考えない、ただの作業者。一緒に働き始めて1か月、なぜ彼がいままで一人でドイツオフィスに残れたのか、とにかく不思議でならない。彼はManagerかSupervisorをつけなければいけないレベルの人員。人員の予算など理由はあれど、それは会社の落ち度だと思っている。

そして、彼が作り上げたポリシーのないIT環境が、とにかくごちゃごちゃしていてよくわからない状況に。ドキュメント作れない人なので(これドイツ人あるある。話それますが、ドイツ人のドキュメントできなさは、日本人の平均と比べるとかなり低いと思う。個人的見解。)、まー何がなんだか。今、会社のITをくまなく見てドキュメント作ろうとしてますが、とにかくブラックボックスだし、情報探すのも一苦労。私はスーパーエンジニアではないけれど、少なくともIT環境がひどいか良いかの判別くらいはできる。

彼は嫌なヤツじゃないし、別々に仕事していれば特に気にならない。彼の仕事は彼の仕事、逆に私のペースを邪魔されることもない。ただ、彼のやる気のなさと後ろ向きな加減が、一緒にひとつのことをこなそうとするとかなり難しいものがあります。

毒を吐くと、彼は私よりかなりバカだしレベルが低いんでしょう。コミュニケーション能力も低いし、人のメールを読めない&過去のメールを追えないあるあるドイツ人。今まで私があったIT同僚の中で日本人でもドイツ人でも一番ひどい人。今までは、何かしら「この人はココがアレだけどコレができるし」という納得感が誰にでもあったけど、彼にはそれがない。なんとも残念な人です。

 

仕事は特に難しいことはなくだいたい私の経験で賄えることばかりだしめっちゃ忙しい!ということもないので、よい職場に転職したと言えばそうと言えるでしょう。毎日ドイツ語喋れるか~と思ったけど、彼とは世間話するほどの仲にはなれそうもない。というか何話せばいいのかわからん。たまに隣の学生とドイツ人のオジサンと、あとは他の同僚のサポートするときに話す程度。周囲のチームはもくもくと仕事しているので、おかげで私も仕事ははかどります。

しかしちょっと寂しい。ランチで日本人同僚や最近よく一緒にご飯を食べる中国人同僚にあうとほっとするしめっちゃ喋りたくなる。でもその同僚も食堂に居るので彼のことは喋れないのが辛い(苦笑)

 

なので、新しい職場が楽しいかと言われれば2つ返事でYesとは言えない。いま、毎日仕事に行くのが憂鬱・・というほどではないけれど、こういう環境でどうモチベーションを保てばいいのか、ここまでひどい同僚やIT環境を見たことがないので、ちょっと戸惑っているところです。

目下のところは、まずは彼に質問しなくても済むようにすべてを一人でこなせるようになることと、そして上司にこのよろしくない環境を変えるべく提案する事実を淡々とまとめること、最終的にはそれで評価してもらって&プロジェクト回してボーナスゲット、がモチベーションの種です。でもボーナスの額、前の会社より低いんだよな…。

転職して1か月で既に(彼がチームにいる限り)この会社には長くはいないだろうなと予感がしています。このひどい環境直していろいろ経験して実績作ったらまた転職かな。それまでにもっとドイツ語頑張ろ。あ、やっぱりこれがモチベーションかな( ´ー`)...

 

eod

車を買ってみて見える世界の巻

人生初の車を買ったわけなんですが、実際乗ってみてどうかって話を書いてみます。私の超個人的感想です。

luckystrikeyoko.hatenablog.com

 

通勤の話

買ってよかったか?と言われれば、よかったです。それは、職場が電車で行きにくい郊外であって、転職に伴い引っ越しをしたというのもあった上での感想です。引っ越しをせずに前の部屋から電車で行ってもいいけど、そうすると片道1時間半~2時間はかかってたと思う。

もし転職先がフランクフルト市内だったならば車は不要。電車の遅延は当たり前で接続は悪く、ストもあるし文句はあれど、なんだかんだ言って、公共交通機関で行ける職場であれば電車で良いと思う。電車は帰宅ラッシュはあるけど日本ほどじゃない。

車にも渋滞や事故がありますからね。フランクフルト南から北はBad Homburgのアウトバーン出入口まではかなり通勤渋滞なので、ラッシュ時はやばいことに。さらに東西も、空港行きの交通量は常に多い(と思う)。運転中に事故速報や渋滞情報のラジオが入るんですが、アウトバーンの事故だのジャンクション近辺の渋滞だの、場所はだいたい同じ。加えて、フランクフルトはメッセが市内にあるもんだからメッセ前後の時期にはトラック交通量が増える。同僚たちから聞くには渋滞がスゴイらしい。フランクフルトって電車の接続設計も悪いけど車の道路設計も悪い気がする。おかげで市内に至っても大きな通りは交通量が多く何かあればすぐ渋滞。

今の通勤路はフランクフルトから外に向かう方面なので空いているのが有難い。反対車線の車の並びっぷりはすごいったら。。

 

お金の話

私は現在下記の費用を払っています。

・ローン

・Audiの修理補償(故障時はAudiのディーラーで無償修理してくれる)

・車両保険(Vollkasko)

・税金(年間70ユーロ弱)

・ガソリン代(現在ガソリンSuper95が約€1.6/L、だいたい月2回は入れるので€140/月くらいの計算。)

・車両登録費(街での初回登録1回のみ。引っ越したので追加で住所変更もやった)

・タイヤ交換費(年2回)

 

ガソリン代と、車両登録の住所変更(引っ越しの為)は確定申告で戻ってくる。来年の確定申告が待ち遠しくて仕方ない。今後の支出とすれば洗車と車検かな。洗車は四半期に一回くらい行こうかな~と。洗車はサービスによるけど€10前後と見ている。まぁこれもろもろの費用考えると、完全に通勤マターか家族マターじゃないと持つ意味を見出せないでいるワタシ。田舎なら絶対いるだろうけど、電車とバスのつなぎがよければ車買うほどでもないのかも。あと自転車っていう手もある。最近はシェアリング多いし廃棄規制で何買ってもEV以外はそのうち乗り入れ禁止になるんなら、大都市(+近郊)で車を持つメリットというのはあまりないんじゃなかろうか?

・・・ワタシなんで車買ったんだろうね(遠い目)。せめて試用期間終わるまで待ってもよかったかなとか今更ながら思う。勢いって重要ですね!( ノ゚Д゚)ノヨッ!

 

それ以外の話

電車通勤はやっぱり歩くから毎日勝手に運動してることになる。車でビューンと行けるのは時間短縮でいいことだけど、電車の1時間が車の30分になったくらいなら、電車でいいと思う。日本でも、田舎の車通勤者より都会の電車通勤者の方が健康的だったりしますよね。

そしてこれは私がプチ乗り鉄だからだと思うんですが、景色を楽しめない!朝焼けキレイだな~って思っても見惚れるわけにはいかない。前を走るポルシェのお尻とバックミラーに映るメルセデスに気を配らないといけないのである。正直…つまらん(´・ω・`)ポルシェ好きだけどさすがに見飽きた(´Д`)(最近はドイツでもまだマイナーなテスラを見るとちょっとおおっとなる)

でも今回、引っ越しで車はかなり役に立ったし、今も役に立っています! Ebay Kleinanzeigen(個人間の売ります買います掲示板)で人の中古品を引き取りに行けるのも車のおかげ。フットワーク軽く動いて安く済ませられている。消耗品の買い物も今までみたいにちょこちょこ買わずにどーんと買えるのでスーパーに行く回数が減った。結果、スーパーに寄って無駄な買い物をしなくなったのはすごくいいなと。あと駐車が苦手なので「出かける」→「駐車場探す」→「そもそも車出してまで買うことか?」→「なら出なくていい」と引きこもり節約思考で余計な支出が減っている(と思う)。(車が一番でかい支出というのはry)

 

私、車好きなんですけど、車買ってイェーイってもっとなるかと思ったら意外とそうでもなかった。20代ならもっとキャピキャピしてたと思う。30代半ばで車ほしい欲の峠はとっくに超えているようです。正直、朝に30分運転するのは意外としんどい。これが一番辛い。電車は眠くてまぶた閉じてても乗れば連れてってくれますからね。

 

なんだか車に対してネガティブなことばっかり書いている気がするなぁ。あっでも今のところ、仕事帰りに運転するのが一番楽しいです。夏とか最高でしょうね。電車で汗くさい人たちに出くわさないで済むとか(笑)

 

ドイツで車が欲しいと考えてる人の参考になれば幸いです(´▽`)

 

 eod

 

※ 2019年2月追記

郊外住みになると、そもそも街の作りが車ありきな状態なので駅近くや市街地近くでない場合、車がないとマジで詰みます。なので今の部屋で車があってほんとによかったと思います。そしてちょこちょこと車でしか行けないところに行けるのはやはりいいですね。ハイキングが好きなので週末は車で麓まで行ってハイキング。電車でもいける場所でもガソリン代だけで比較すると安い、友人と行くならなおさら。もちろん運転している自分の稼働を考えると電車、むしろ長距離バスのが安い。しかし、この快適さはなかなか良いですね。アウトバーンの運転にも慣れて段々と良さを実感しています。